忍者ブログ
PBW『シルバーレイン』キャラクター籠乃宮・紗雫(b43941)のブログです。                                           銀雨PL以外はブラウザバックを推奨します。
11<<    12  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>01

[17]  [15]  [16]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フッ――と…

自然と目が開いた。
広いベッドの真ん中。
仰向けに横たわる紗雫の目に入るのは、見慣れた天井。
まだ太陽も昇らぬ時間らしく、小さな間接照明しかない室内は薄暗い。
その事実が紗雫を不安にさせた。



また…、と思う。

寝覚めが悪い。
こういう時は大抵、良くない夢を見ていたのだ。

昔よくこうやって目が覚めた。
不安に駆られ、ただ救いを求めては優しい祖母の部屋に忍び込み、ベッドに潜り込
むのがその頃の常であった。
最近はその悪夢もご無沙汰。
学園の仲間のおかげだと、紗雫は知っている。

なのになぜ?と思う。
信頼できる仲間がいて、大好きな友人がいて。
不安に思うことなんて、なにもないのに。
結社の仲間の顔を一人一人思い浮かべてゆく。
そうすると、次第に緊張がとけていった。
思っていた以上に体は強張っていたらしい。

それでも、なぜ、という思いが残る。
それが紗雫を心細くさせる。

幼いながらに、夢の底にはなにがしかの真意がある、と紗雫は思っている。
それはナイトメア適合者故か、はたまた子供ならではの第六感か。
ふと、祖母の言葉を思い出した。夢の世界はつながっている。らしい。
つまり、夢の出来事は自分一人のことではないケースも少なくないということ。

ころん、と横向きに寝返りを打ち、布団を胸元に手繰り寄せる。
ぎゅ、と布団を抱き締めることで、少しでもこの胸騒ぎを消そうとした。
だから暗闇は苦手だ、と思う。
早く夜が明けて、太陽が昇ることを祈るような思いで願った。
明るい陽の下に出れば、夢のことなんてなかったことにできるから。
太陽が昇れば学校に行ける。
みんなに会えば、不安なんてどこ吹く風だ。



夜が明けるには、いましばらくかかりそうだった…―――
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret

←  りんご。    HOME    だいすき。  →

プロフィール
HN:
籠乃宮 紗雫
年齢:
16
性別:
女性
誕生日:
2001/04/24
職業:
巫女×ナイトメア適合者
趣味:
歌。描。絵本。
自己紹介:
詳しくはリンク『か乃宮・糸少な』よりステシへどうぞ。MSNメッセあります。お気軽にお手紙でどうぞ。
→→→この画像は、㈱トミーウォーカー(TW)の運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、㈱TWによって作成されたものです。イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は華谷百花に、全ての権利は㈱TWが所有します。←←←
カウンター
バーコード
ブログ内検索

Copyright (C) さなにっき。 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog | Template by 紗雫背後 | Materials by ふわふわ。り

忍者ブログ | [PR]